楽天カードを作って半年経過していなくても限度額を上げる方法…実は電話してお金を振り込めば良いだけ

今回、まさかの楽天カードの利用限度額に引っかかって、店頭で「このカードは使えません」と言われて涙目になりました。

楽天カードの限度額は、困った事に作成してから半年間(6ヶ月間)は引き上げる事が出来ません。

カード限度額は別に放っておけば引き上げられる事があるので、普段使いに関しては問題ないんです。貧乏な僕はこれまで困った事は一度もありませんでした。

ただし急にいつもの数倍のカード使用料になる時が例外的に存在します。そんな時に限度額を大幅に上回ってしまった場合はどうすれば良いのか?

今回はそういう時の対処法を紹介します。実は裏技的に上げる方法はありました。少なくとも楽天カードにはありました。

スポンサードリンク

半年以上使っていたら一時的な増額は可能

楽天カードの場合、楽天e-NAVIにログインすれば「ご利用明細」→「ご利用可能額」→「ご利用可能額の一時的な増枠」を選択する事で一時的に増枠をする事が可能です。

ただ今回、僕は作ったカードがまだ6ヶ月未満だったので増枠をする事が出来ませんでした。ですからどれぐらいの増枠が可能なのかすらわかっていません…(笑)

error

このような画面が表示されてしまうので、やる事が出来ませんでした。

ではそういう人はどうすれば良いのか?実は先行振込で可能額を増やす事が可能です。

電話して先に振り込めば利用可能額を戻せる

楽天カード裏面にあるナビダイヤルに電話します。そこで「その他の問い合わせ」である0番を押して、要件を伝えてば教えてくれます。

またサイトの「よくある質問」でもこれについては解説されているので、そちらもチェックしてみてください。

公式サイト→よくあるご質問

要点をまとめるとこうなります。

  • 本人が連絡する事
  • 電話代、振込手数料は自己負担
  • 楽天側に言われた金額のみが適用される
  • 当日使った分はまだ反映されていないので注意

全額支払いも可能

当然ですが「その時点で反映されている金額なら」全額を支払って、可能額をリセットする事も可能です。

例えば15日の時点で可能限度額を全部使い切ってしまっても、電話をかけて「現状445,234円使っています」と言われた場合、そのままの金額を指定された口座に振り込めば良いわけです。

そうするとその44万円分の限度額はリセットされて、また44万円分はクレジットカードを使用可能になります。

先に大金を支払っても電話しないと反映されない

僕がイレギュラーで試したのはこういう状態でした。

現時点で20万円分しか反映されておらず、当日に30万円以上を使用してしまい、限度額に届いてしまったとします。金額は適当です(笑)

この時点で50万円を使ってしまったので、50万円を振り込めば、50万円分の利用額を確保可能か?と問い合わせました。

その際にはOKだと言われたんですが、実際に反映されたのは、問い合わせた時点で反映されていた20万円分のみでした。

数日待っても残りの30万円分が反映されていなかったので、再度問い合わせたら反映してくれたので、やはり「先回りして支払うのはやめた方が良い」ってのが僕の結論です。

ちゃんと「◯万円支払ってください」と言われたら、その金額のみを支払うようにしましょう。

ただ繰り返しますが、多めに振り込んでも後日また「その分も反映してください」と伝えたら割りと素早く反映してくれます。

僕は翌日の朝になったらもう反映されてました。

支払口座は個別に存在している

楽天カード側に「この口座に支払ってください」と指示を受けますが、実はこの口座は「ユーザー1人に1口座」となっています。

つまりその支払口座はアナタ専用の口座なので、そこに支払われたお金は100%アナタの分だと楽天側は認識してくれます。

僕自身も早まって多めに振り込みましたが、後々でもちゃんと適用してくれたので、この点は心配する必要はありません。

スポンサードリンク

デメリットは利用履歴が消えること

これのデメリットは利用履歴が消えてしまうことです。

楽天カードの使用履歴は楽天e-NAVIを見れば使ってきた金額や用途を確認することが出来ます。

ですがその履歴が支払った金額の分は消えてしまうのです。

僕自身、今回突発的に大金を使うことになったので利用したんですが、先日見返した際に「しまった、何にいくら使ったのか忘れた」と頭を抱えました…(笑)

利用履歴のスクリーンショットなどを撮影した上で、金額の振込みをする事をオススメします。

特に個人事業主などで、確定申告をする人は必須です。税理士になんて証明するべきかまた相談しておきます…(笑)

突発的にクレジットカードで大金を使う時に便利

これはカードを作ってから半年も経たないうちに大金を使う用事が出来た人には非常に助かります。

果てしなくどうでも良いんですが、店頭で「クレジットカード決算が出来ません…」って言われるの、めっちゃくちゃ恥ずかしいからみんな気をつけてね…!!(笑)

また繰り返しますが、楽天カードを作ってから6ヶ月以上が経過していれば一時的な増枠が可能になっているので、この裏技を使う必要はありません…(笑)

ちなみに今回僕がこの方法を取った理由はシンプルで、楽天ポイントを無駄にしたくなかっただけです…!!(笑)

大金を使うなら、少しでも楽天ポイントが欲しいですから…そのためだけに一時的な増枠をしてもらいました…わがままなユーザーで申し訳ない限りです…。

でも楽天ポイントのために楽天カードを使ってるんだから別に良いよね!(笑)

スポンサードリンク

利用履歴は消えてもポイントは全部入る

利用履歴は消えてしまうので、個人的には「これで楽天ポイントってちゃんと入るのか?」って疑問に思っていたんですが、結果的に70万円以上使っていても、しっかりすべてのポイントが入って来ました。

おかげで一ヶ月で楽天ポイントがざっくり溜まりました…そして無駄遣いでほぼ全部使いました…ワハハハ…。

アメックスのデポジットに似ている

「アメリカン・エキスプレス・カード」通称「アメックス」の「デポジット」という機能に似ているようです。

アメックスでは先に支払う事でその月の利用額を自主的に引き上げる事が可能となっているようです。

楽天カードの場合はあくまで「利用額をある程度使ってから、その使った分を先に支払う事で利用額を空ける事が出来る」だけなので、ちょっと意味合いが違います。

アメックスのデポジットの場合は「先に支払っておく事で、その月だけ利用額そのもの増やす事が可能」というもので、ちょっとだけ意味合いが違いますが、似ていますね。

個人的にはアメックスは「お金持ちが持つカード」だと思っているので、僕のような貧乏人にはオススメできない…し、僕は現状持つ気はありません…持てるようになると良いなぁ…。