楽天カードは現金よりお金の管理がしやすい…楽天e-NAVIからいつでも総利用額を確認できるよ

クレジットカードを使ったことがない人はよく「使いすぎてしまいそうで怖い」というのを耳にします。

ですが実はクレジットカードの方が「自分がお金をいくら使ったかすぐに把握できる」ことをご存知でしょうか?

特に僕がオススメしている楽天カードでは簡単にクレジットカード利用額を確認することが出来るので、今回はその方法について紹介します。

何故なら楽天カードの場合は、ネットを使っていつでも「何にいくら使ったかあとから確認できるから」です。

スポンサードリンク

楽天e-NAVIですぐに確認可能

楽天カードを契約した時点で、楽天e-NAVIにも登録しておけば、ログインをする事で即座に確認することが出来ます。

これは当然ですがスマートフォンからでもいつでも見ることが出来るので「今月はいくらお金を使ったのか」はすぐに確認できます。

またログインをした時点で、どれだけの金額を使っているのかは即座に確認することが出来ます。

総利用額は使った直後に反映される

トップページに表示される総利用額は、使った直後にすぐ反映されます。

僕は今日2回使ってみたんですが、数時間後には問題なく反映されていました。

本当に数時間も必要なかったと思います。即座に反映されていたので、この「総利用額」に関してはほぼ常にリアルタイムだと思って良いでしょう。

詳細の反映は数日必要

ただ「何にいくら使ったか」は当日にはすぐに反映されていません。

その辺りは1~2日のラグが発生するのは仕方ないのかなと思います。

ですがこの「使った金額は即座に反映される」のは個人的にはかなり便利で重宝しています。

スポンサードリンク

使用履歴が残るクレカの方がお金管理が楽

自分でも本当に「何にいくら使ったか」を僕は忘れるタイプで、これは現金だとなおさら忘れやすいんです。

現金はATMから引き落とした金額こそデータで残りますが、それ以外の使用履歴は一切残りません。

クレジットカードで買い物した分は全部残るので、あとで見直しても「あーこんな物に使ってたか…」とすぐに把握することが出来ます。

過去の使用履歴もずっと振り返ることも可能

一年前の履歴だって確認することが可能になっています。

丸1年分はずっと振り返ることが可能になっているので、丸1年間は自分がクレジットカードでどれぐらいのお金を使ってきたのかを把握することが可能になっています。

現金で使った場合はそこまで振り返ることは出来ませんし、特に飲食費については振り返るのは難しいです。

もちろんATMで引き落とした金額は、現金を使っていても把握することは出来ますが「どこで何に使ったのか」を把握することは出来ません。

その点で僕はクレジットカードの方が管理が容易になると思っていますし、逆に「使いすぎることが少ない」とすら思ってます。

スポンサードリンク

すぐに総額が確認できるので、まず使いすぎない

先日僕はクレジットカードの限度額を超えるほどに楽天カードを使ってしまいました。

その時はついつい何も考えずに使っていましたが、それも「今月はめちゃくちゃ使う」ってわかってて使ってますから(笑)

それで初めて「限度額を超えないように」と意識して楽天e-NAVIをよくチェックするようになったんですけど、本当に使いやすい。

ぶっちゃけ外で買い物してて、使った直後に「残りいくら使えるんだ?」って楽天e-NAVIにログインしたらすぐに反映されているので「残りこれぐらいか~」ってすぐに把握することが出来ました。

だから総利用額はほぼリアルタイムで確認できるので「これだけしか使っちゃダメだ」と自分で把握しているなら、まず使いすぎることもありません。

個人的にはクレジットカードを恐れている理由の一番にこの「使い過ぎそうで怖い」ってのがあると思ってますが、それに関しても「スマホやPCが使えれば」全く怖くないと感じてます。

むしろ使うと引き落としが怖くなるから大丈夫

あくまで僕の場合ですが、クレジットカードで大きな買い物をすると「これで忘れたころに一気に引き落としが来るぞ!」と怖くなるので、全然使いすぎることはないですね…(笑)

実際に限度額を超えて使ってしまった今現在、どれぐらいの請求が来るのかちゃんと計算してビビりながらクレカ使ってますから(笑)

「クレジットカードだと使い過ぎそうで怖い」と警戒心を持てる人なら、まず使いすぎることはないんじゃないでしょうか?

はっきり言って「俺は大丈夫だしwww」って思っている人の方が、使いすぎる事は多いと思います…油断大敵ってやつですね!

使う度に「今はこれぐらい使ったな」と楽天e-NAVIで確認するぐらいの人は、まず大丈夫だと思いますよ~!